閑話休題。
鹿児島市のピアノ教室 音遊館(おんゆうかん) のブログへようこそ!
初訪問の方は、カテゴリ【ご案内>初訪問の方へ】をご覧ください♪
閑話休題。



2023-04-15

令和4年度ももう終わりそうです…?


久しぶりに記事を書いています。
ふと気がつけば、約2年ぶり……ですね


「ブログはもう更新しないんですか?」
と、何人かにお声かけ頂いたのですが、
何度か書こうとしたものの、ここ数年で環境が劇的に変わり、なかなか時間が取れないというのが本音でした。
いつも読んでくださっていた皆さま、ありがとうございます



あれから、車の免許は6週間で無事に取得することができて
行動範囲も想像以上に広がりました。
協力演奏家のお仕事もようやく慣れてきたかな、という感じで
昨年はなんと、トカラ列島の平島まで行かせて頂きました。
貴重な機会に毎回感謝する日々です


さて、一番変化したのは、1年前から人生初の一人暮らしを始めたことです
今では、月1千キロの距離を、車で通勤しています
私はけっこう生徒たちに伝えていたつもりだったんですが、最近になってお知りになった保護者の方もいらっしゃって
「え…!? そんなところからいらしてるんですか!? 往復2時間!?
とビックリされたりもします笑
高速もぶんぶん走るし、5千キロごとのオイル交換ももう2回はしたな〜




という、遠方からの通勤事情に加え
昨年からの1年間で、たくさんの方にご入会頂いたこともあり
キャパシティの関係で、今季は新規生徒の募集を見送ることにいたしました。
今、在籍している生徒さんたちを大切にさせて頂こうと思っています。



プライベートはさておき、本業の方にも触れておきましょう笑

2年も経てば色々変わるのは当然ですが、教材にもいくらか変化の兆しがあり
最近ビックリしたのは、YAMAHA関連の書籍が値上がりしたことです。
なんと220円も!!

新版 みんなのオルガン・ピアノの本1 -  
新版 みんなのオルガン・ピアノの本1 -  

千円を超えてしまったので、ある程度弾ける子は省こうかな、、、と思うこともあるのですが
後半で頻出する【片手だけ上げる】はここで教えておかないと、のちのち本当に苦労しますし
簡単に弾けそうな『どのおけいこ」でもあららビックリ、数が合わなかったり、
過去に記事にもしましたが、とんでもない場所のドを弾き始めたり、
両手奏の一番最初にさせる『のりもの』でも、意外とフレージングが分かってなかったりしてダダっ弾きになっていたり、
簡単だからこそ、基本的なことが色々と見えてくる教材だったりもします。

ここをすっ飛ばして、本人のとってやや難しい曲に入ってからそれを修正しようとしても
やるべきことがたくさんになってしまって、嫌いになる道まっしぐら。。。

ということで、避けては通れない教材のひとつです。
世の中全てが値上がりしているし、仕方なしと割り切るしかないですね



それから、昨年一番ビックリした教材は
新版 メトードローズ・ピアノ教則本 上巻 - 安川 加壽子
新版 メトードローズ・ピアノ教則本 上巻 - 安川 加壽子


ちっちゃくなっちゃったの、メトードローズが! しかも表紙から【幼児用】が消えてくれましたわーい!
余白がカットされただけで、中のフォントサイズはほぼ変わらず。
とっても持ち運びやすくなりました

ただ、ヴェルドの上から目線の『か・ぞ・え・な・さ・い』は、たびたびネタにさせてもらって、
レッスン中も笑いを産んでくれた部分でもあったのですが……
新版では『かぞえましょう』に変更されてしまってですね…
それだけが悔やまれます(大泣)いえ、別にいいんですけれど…。


あとは、旧版は幼児用なのに、やたらと難しい漢字が使ってあって
私は時々、「『愉快に』のところ、読めるかな〜?」とニヤニヤ質問していたのですが、
ある時、小学校3年生のお嬢さんが「ゆかいに」と言ったので、
「すごいじゃない! 読めたね!」と、ソーシャルディスタンスレッスンをしていた2m先で旧版を見ていた私が感激すると
「…だってひらがなで書いてあるし」
と変な目で私をみてきて、これまたビックリ。


……令和の時代に合わせたのか、ずいぶんフレンドリーになりましたね、ヴェルドさん…。




そんな感じで、子供たちとは、相変わらずの楽しい時間を過ごさせて頂いています。
色々と書きたいこともあるので、時々はまたブログもアップできたらと思いますし、
今年こそ、発表会もできるといいな!


令和5年度も、音遊館をよろしくお願いいたします

posted by チロル at 22:51 | Comment(0) | 教室>教材・教具・テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-04-27

令和2年度、無事に終了!


4/24(土)をもって、令和2年度の全40回レッスンを無事に終えることが出来ました。
心を痛めることも多かったこの1年でしたが、
教室関係者一同、誰一人、新型コロナウイルスにかかることもなく、インフルエンザも一人も出ず
皆様のご協力で無事に乗り切ることができて、ホッとしています。
心を寄せてくださる方々には、いつも心の底から感謝しています。
本当にありがとうございます…!!


近頃は第4波の兆しが見えていて
まだまだ気を抜くことはできず、我慢も多い日々ですが
ひとりひとりが自分と他人を思い合いながら、みんなで支え合って
5月からの来年度も乗り越えていくことができれば、と願っています。



さて。
実は17日に熊本で、(私の中では、今年度最後!という区切りの)公演に参加するべく
初参加なのにトリを務めるという大役のプレッシャーから、割と結構な練習をしていた日々だったのですが
主催者の判断によって、開催中止になってしまいました。
準備を進めながらも、中止を決断するという主催者側にとっては、本当に苦渋の決断だったと思います。

私自身も、突然はしごを外されるのにはもう慣れた(苦笑)とはいえ、
本番2日前にして、急にすることがなくなったので
(いや、本当はあるんです、来月は2回本番があるんです)


何かの勢いで自動車学校に入校してしまいました


15年以上も抵抗していたのに(笑)



というのには理由があってですね。
この春からみやまコンセールに行く機会が増えたのですが、人口減少にコロナ禍ということもあって公共交通機関が全っ然、ない!のです。
鹿児島市内から、空港バスに乗り、そのあとで路線バスに乗り換えるのが一番簡単なのですが
これまで、15分おきに発車していた空港バスは、3月中は30分に1本。4月は20分に1本。
しかも基本、中央駅と天文館しか停まらず。
路線バスは、一番早い便でも、10時15分過ぎの到着となってしまっています。
以前は8時半到着の便とかもあったのに…。

朝の公演は10時半開演、というのが結構多いので
これにはちょっと頭を抱えながら考えてしまって、
「とりあえず免許だけ取っておこう!」と。



ちょうど4月下旬ごろから約2週間ほど、通常レッスンのお休み期間を頂くことになっていたので
(コンクールの補講は実施しています)
両立できるかなと思っていたのですが……

技能実習の初めの数時間は、アクセルとブレーキのコントロールに四苦八苦。
30年以上、ピアノのペダルを踏んでいる身としては
指導教官に「急に踏み込みすぎ」「反射神経は要らないです」とたしなめられてしまう日々でした。
ほぼほぼクォーターペダル(4分の1ペダル)の、ふわ〜っでいいよね!
ということに気づいてからは、ペダリング(?)もちょっとずつ進歩するように。
仮免の修了検定(技能検定)では指示速度40キロを出さないといけないところがあるのですが、乗る車にもよりますが、あれもハーフペダル(2分の1)で十分な感じ。
普通のダンパーペダルのように全部踏み込むと、アクセルではキックダウン(急加速)、ブレーキではキックバックが起きてしまうのね。。。


ハンドリングもおかしい、とよく言われるので、
暇を見つけて、モンキータンバリンやお風呂場で洗面器をぐるぐる回しつつ
クロスして離す、離して添えてクロス……
クロスして離す、……以下同文
ぶつぶつ言いながら練習しています。これも慣れ、ですよねきっと。
がんばる。

KC タンバリン 丸型 木製 ナチュラルカラー 24cm TW-24/18
KC タンバリン 丸型 木製 ナチュラルカラー 24cm TW-24/18



入校して4日間くらいは、通常レッスンを実施している期間だったので
朝、4時間ほど学校に行って、帰宅後に6時間レッスン、という日もあったりして
結構、しんどい1週間でした
最初のうちは覚えることもたくさんあって、頭がパンパン。
自分の練習は非常にノロノロ運転で、
来月8日のステップの2曲のうち、1曲は譜読みも終えてないという。。。
(※注:うん、まあ、いつものことです)


すんごく疲れていた日には、覚えたての左折をしたままハンドルを戻せず、
アクセルを意味不明に踏んでしまい、ぐるっと回って壁に突っ込みそうになって教官に呆れられたりもしましたが
それでも9日目で第1段階の学科を全部取り終えて、10日目に効果測定(学科の模擬試験)も合格し
技能実習も1〜2時間の補講かな、と言われつつも、
S字もクランクも初めの1〜2回しか脱落することもなく、そこそこ順調に進み(むしろ右左折が苦手…)
「今週末(14日目)には仮免許試験だね」と言われて、えぇあと3日〜!? と震える日々です。

調子が良い時と悪い時のアップダウンはありつつも
出来ることがちょっとずつ増えてきて運転も楽しくなってきていて
今日は担当教官がお休みだったので違う教官にご指導頂いたのですが「荒削りだけど、大丈夫でしょう」と言われて、ぱぁぁ と気分も晴れやかになったところで
なんとか、3日後の試験を乗り切って、GWには路上デビューを楽しみたいと思います。



そんな感じで、久しぶりに教わる人の気持ちになっている身ですが、
教わる側、教える側、どちらの立場にも立つって、大事だなあと改めて思います。

こういう心境の時はこんなふうに声かけしてみようかな、とか
できた時にすかさず褒めることがテンションをめっちゃ上げてくれるんだな、とか、
色々と気がつくことが多くなってきています。

苦手なところがいっぱあると楽しさなんて分からないし、
ひとつひとつ、課題をクリアして、苦手を無くして得意を増やしていくこと、それが上達とか成長って言えるのかな、って…

なんだか、教え始めた時の初心に還ったような、そんな気分にもなります。



通り過ぎ去っていく一瞬一瞬、日々の変化や成長を柔軟に受け止めて、
毎日を大切に過ごしていきたいなあと思います

皆様のもとにも、穏やかな新緑の季節が続くことを心から願っています。

posted by チロル at 21:14 | Comment(0) | つぶやき>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-31

レッスン料金の表記・規約を一部変更させて頂きます。


教室規約の見直しは、2年ぶりとなりますが
2021年4月より、設備費の記載を撤廃し
すべてのレッスン料を、設備費込みの総額表示に統一することいたしました。


記載を撤廃したというだけで、運営体制としては全然まったく何も変わっておりませんので、どうぞご安心ください。お納め頂くお月謝も、これまで通りのままです。
設備費の記載があることによって、何かと画面がゴチャゴチャしていたのですが、
今後はずいぶんスッキリ、スマートになると思います。
というか、整理整頓されたことで私の気持ちがスッキリしました(笑)



既に、ブログのあちこちを修正済みですが
お月謝のページがスマートフォンから見にくくなっているので
いろいろ、試行錯誤しています。

HTML5で廃止された属性とやらを今更ながらに知った私。
今まで使えたタグが使えなくなる、そういうこともあるんですね

新しいシステムをちゃんとお勉強したいところではありますが、
取り急ぎ、見れたらそれで! という場当たり的な対処で、一時的に乗り切ろうと思います。

お月謝ページ、半分は修正しましたが、もう半分はGWの宿題に。
レッスンコースのページも、スマホからだと見にくくなってしまっているので、これもなんとかしたいと思っています。
これもGWにできるといいな。


併せて、空き枠情報も更新しました。
若干名ですが、新規生徒を募集しています。

例年通り、4/1(木)〜5/31(月)までにご入会予約を頂いた方は、入会金¥3,000が無料になりますので、ぜひご検討ください

posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-27

感謝とともに。


こんなに嬉しいことがたくさんあっていいのかな? と思うくらい、今週は幸運続きの日々です。


月曜日

まずは、月曜日。
一通の封書が手元に届き、
令和3年度より、霧島国際音楽ホール(みやまコンセール)の協力演奏家として活動させて頂くことになりました。
大役に、身の引き締まる思いです。
5年ほど前に、1度オーディションにチャレンジしたことがあるのですが、その時は力及ばず。
でも今思えば、自由に活動できていたこの5年があって良かったな〜、と思うのです。
ずいぶんレパートリーも増えたし、大曲を数曲抱えるのも平気になったし、
何より、年を経るごとに音楽への愛がより深まりつつあります。
素晴らしい作品を紐解くこと、伝えること、共有することに一層の喜びを感じるようになり
一足飛びに色々なものを手に入れていくのではなく、
少しずつ、一歩ずつ、なりたい自分になっていく過程を楽しんでいる日々。

応援してくださる皆様には、いつも本当に感謝しています。
音楽を通して恩返しができるように、これからもますます頑張っていこうと思います♪



火曜日

そして、火曜日。
受験で2か月お休みしていたYちゃんが、志望校の合格の報告とともに、遊びに来てくれました。
お話もそこそこに、2人で連弾をしまくって、いつの間にか1時間以上が経過!(笑)

また来月からピアノを再開してくれるとのことで、とっても嬉しいです♪
来年の高校生は、Yちゃんも含めて5人。無理なくマイペースに続けていってくれたらなあと願っています。



水曜日

水曜日には、月初めに受けてきた健康診断の結果が届いていたのですが
4年前に同じ場所、同じ時間に図った時よりも、身長が伸びてました……なんと6ミリも!!

4年前にヨガを始めたので、そのおかげで姿勢が改善したかな???と首をかしげていますが、真相は如何に。



金曜日

さて、先日から盆栽のあさひちゃん(旭山桜)が開花していたのですが、ようやく撮影に及びました!

今年は、上と下がほぼ同時に咲きました。
バンザイしているみたいで可愛いですよね〜
sakura2021_0326_01.jpg

旭山桜は、花と葉っぱが一緒に出る品種で、それもまた風情があります♪
sakura2021_0326_04.jpg

蕾も多いので、まだしばらく楽しめそう。
sakura2021_0326_05.jpg

今年も咲いてくれて、ありがとうね
sakura2021_0326_07.jpg



春の日の良い風が、皆さんのところにも巡っていきますように

posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-23

機材チェック日和


映画イベントが近づいてきています。



1年半ほど前に購入していたプロジェクター(明るさが上がってるのにプライスダウンしてる!?)があるのですが

DR.J 小型プロジェクター 4200lm【ネイティブ720P】スピーカーが二つ内蔵 スマホ/パソコン/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤー/USBなど接続可 HDMIケーブル付属 台形補正
DR.J 小型プロジェクター 4200lm【ネイティブ720P】スピーカーが二つ内蔵 スマホ/パソコン/タブレット/ゲーム機/DVDプレイヤー/USBなど接続可 HDMIケーブル付属 台形補正

割とすぐにコロナ禍に突入してしまい、グループレッスンもできない状態になってしまったため、
これまで稼働する機会がなく…
今回、ようやく役立ってもらえる機会が巡ってきました。


が、何度トライしても【信号なし】という画面で、映像がつながらない。
どうやらHDMI変換ケーブルがないとダメらしく、


Apple Lightning - Digital AVアダプタ
Apple Lightning - Digital AVアダプタ

注文して届いたものを繋いだところ、

projector.jpg


わーい、ついたー



プロジェクターを電源に繋ぎ、変換ケーブルでiPadと接続し、オーディオを真空管アンプ、タンスサイズのスピーカーに繋ぎ。
試しに教室の壁に映写してみたら、快適なホームシアターに早変わり♪
明るさも十分あって、画面が結構大きい(うちの40インチのTVより大きい)ので、字幕でも大丈夫そうです。

やっぱり、音響が良いっていうのが一番のポイントかな。
真空管アンプの良さを改めて実感しました。


Hulu も Amazon プライムも問題なさそうでしたが、
Apple Musicのミュージックビデオに関しては、時々画像がブレたり固まったりしていたので、
圧縮されたファイルの再生等には気をつけたほうがいいかも。



意外なことに
アルプス/日本製ピアノ補助台(ワンタッチ式高低タイプ)PH-C
アルプス/日本製ピアノ補助台(ワンタッチ式高低タイプ)PH-C
が縁の下の力持ちの役割を果たしてくれて、
「三脚だと高すぎる」「ヨガブロック2個積みだと低すぎる」と迷走していた、プロジェクターの高さ調節に一役買ってくれました(笑)
このためにあったの? というくらい、シンデレラフィット。


スクリーンに関しては、教室にある
サンワダイレクト パソコンデスク 幅140cm×奥行70cm ミーティングテーブル 作業テーブル ホワイト 100-DESK079W
サンワダイレクト パソコンデスク 幅140cm×奥行70cm ミーティングテーブル 作業テーブル ホワイト 100-DESK079W
を一次解体して、天板を利用しようかなと思っていたところ、壁映写でも十分だったのでその案は見送りました。

あとは、日中の明るさがどう影響するか、そのチェックが必要そうです。



ふと思い出してみると
私自身、4歳から中3まで通っていた英会話教室で、1年に1回程度、映画を見るイベントがありました。
小中高でも、サウンド・オブ・ミュージックや、ディズニーや天使にラブソングを、コーラスなど
色々な音楽映画を見せてもらった記憶があります。
どの映画も本当に素晴らしく、未だに心の中にあたたかく残っていたりします。
小さいころに体験したものほど、よく覚えていたりするんですよね。

そんな感じで、みんなの思い出に残るイベントになってくれたらいいな〜♪



イベント参加者はまだ募集中! 3〜4回に分けて、実施予定です。
エアコンの空気清浄機能と、小型の空気清浄機、検温、飲食禁止、手指消毒、問診票
コロナ対策バッチリでお待ちしています。

posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-21

戯れにミカンを植えてみたよ


毎年恒例の確定申告も無事に終わり、ホッとしている今日この頃です。


先日、教室長と一緒に、春の木市へ出かけた時に
「ウチの子になる?」と連れて帰ったミカンの木がありまして(笑)

2日ほど、買ったままのポットの中で耐え忍んでもらっていたのですが
ようやく、道具と土が揃ったので、頑張って植え替えてみました。


shiranui01.jpg

不知火(しらぬい)という、デコポンの品種です。

知人の方から、出水の【不知火】を年の瀬に頂いたのですが
それはもうほっぺたが落ちるほどおいしくておいしくて!!


木市で花が咲いている木を見かけたのですが
花の香りも「ジャスミン?」と思うほど、ふわ〜っとやわらかく甘い香りがして、本当に素晴らしいのです

木市をぐる〜っと一周してもやっぱり不知火の花の香りが忘れられず、もう一度お店を訪れて、購入を決めました。
お店の人の話によると、花が咲いていたのは温室に入れて育てた3年生の木で、
これから花を楽しむのなら、2年生がいいですよ〜、とのことで
ひと回り小さい2年生をゲット。


家の裏庭は、ちょっと日当たりが悪いので、様子を見て移動できるように、今年は鉢植えで育ててみることにしました。
土を混ぜたりするのって、料理みたいで楽しかったです。


植え替えて1週間ほどたったのですが、ポットにいたころよりはシャンと元気になったような感じで、嬉しいです。
今日になって、新たに若葉が出ていることに気がつきました。


にょきにょきと、柔らかな葉っぱが
shiranui02.jpg

あちらからも、こちらからも
shiranui03.jpg

にょにょにょにょにょ、とおいしそう!(←?)
shiranui04.jpg


「ここで育ってみてもいいかな」って思ってくれた?



古い葉っぱが、ところどころ黄色かったり、先が黒く枯れたようになっているのは
土が悪いのか、虫のせいなのか、植え替えの余波なのか、いまいちよく分からないのが申し訳ない気もしつつ…。

果物どころか、野菜も育てたことがないので、試行錯誤になりそうですが
のんびり、すくすく育ってくれたらいいなあ



そういえば、去年も植え替えを逃したけれど、桜の盆栽も、元気です。
あと数日で、最初の数輪が咲きそう

巡る春に心を寄せて、穏やかな日々が少しでも長く続きますようにと願った昼下がりなのでした。

posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-13

今年は選べる継続記念品♪


今年も継続記念品配布の季節がやってまいりました。

来週月曜から配布しようかな〜、と思っていたのですが
20日の土曜日が祝日でお休みとなるため、今日からスタート。


最終候補から絞りきれなくて、結局、織り交ぜて発注しちゃいました
ということで、今年は2種類から選べます♪

京都の和雑貨 くろちくの
ファイルケース型のマスクケースセット(除菌シート、ベルト、予備マスク付)
お財布型のマスクポーチ(使用前/使用後とセパレート収納できて、ポケットティッシュも入れられます)
present2021.jpg


コロナ禍ということで、今年は衛生用品関連のチョイスでした。
鬼滅っぽい柄というのが決め手になったのですが、
年齢問わずに使ってもらえそうだし、渋い色合いが男の子にも受け入れてもらえそうです



この他にも、
・今年度入会された方には入会記念をプラス
・新中学生にささやかな入学記念(文房具)
・新高校生に図書カード
・新大学生にお祝い金
・レパートリーイベント記念品
などをご用意しています。(本当に気持ちだけですが…)



今、一番長く在籍している生徒で、丸13年が2人かな?
今のところ、10年割引(10年以上在籍で月額千円引き)が適用されている生徒はこの2人になりますが
そのうち1人は県外の大学に進学するため、この3月で卒業ということに。
長く続けてくれて本当に嬉しいです。

Kちゃん、遠くに行っちゃうのは寂しいけれど、笑顔でお見送りさせてね



さあみんな、今週は休まないように!(笑)
とは言っても、今週のレッスンをお休みしてもちゃんと全員分、確保してありますよ
受験でお休みしている生徒ちゃんたちの分も、若干余裕を持って注文してあるので
もろもろ落ち着いたら、ぜひ顔を見せてもらえたらなあと思います。


4月末の年度末に向けて、レッスンはあと5回。
残り1か月半の今年度、元気に乗り切っていきましょう〜
posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-06

心のお洗濯


今年度一番とも言える、大きな一山を越えました。
ここのところ、疲労の割に絶好調が続いていたのですが、
さすがにこのところ頑張りすぎていて、不意にズドンと身体に来そうな気もするので
無理をしないように少し緩めてもいいかなあと思う週末です。

山場はあと3つ4つありますが、おそらくは順調に行けるのではないかという見通し。
本音を言えば数日は何もせずに回復に当ててから動き出したいところなのですが
今日は、月末に予定している春休みイベント(映画鑑賞会+おさらい会)のために、
事前調査を兼ねて、音楽に関する映画を視聴することに。
これなら身体は休めつつ、イベントに向けて気持ちと頭を働かせられる♪



さて、映画を探しながらふと思い出したのですが
数年前くらいに、2時間集中する、ということがなんだか難しい時期があって
あまり見たくない、気力が続かない時期がありました。
きっと疲れて余裕がなかったのだろうと思うのですが、
観るなら最初から最後まで通して観たいのに、それができなくてストレス
というような心持ちだったのかもしれません。


でも、昨年はコロナで少し余裕ができたというか、思いのほか身体がメンテナンスされたようで(笑)
ふと数えてみたら、この1年で7〜8本くらいは観ていました。

音楽の映画としては
・蜜蜂と遠雷
・羊と鋼の森
も遅ればせながら、サブスクでようやく視聴。
どちらも映画館で観たかった!と思える作品でした。



で、本日の映画は、Amazon プライムで
・くちびるに歌を
をチョイス。
普段は邦画よりも洋画のほうを好んで観るのですが、評価が高かったことと、合唱モノということで視聴し始めたところ…

くちびるに歌を - 新垣結衣, 木村文乃, 桐谷健太, 恒松祐里, 下田翔大, 葵わかな, 柴田杏花, 山口まゆ, 佐野勇斗, 室井響, 渡辺大知, 眞島秀和, 三木孝浩, 持地佑季子, 登米裕一
くちびるに歌を - 新垣結衣, 木村文乃, 桐谷健太, 恒松祐里, 下田翔大, 葵わかな, 柴田杏花, 山口まゆ, 佐野勇斗, 室井響, 渡辺大知, 眞島秀和, 三木孝浩, 持地佑季子, 登米裕一

もう最後の20分、泣きっぱなしでした(笑)
どうしようこれ、もう1回観ても絶対泣くやつ…!
中学生の歌声がピュアすぎて、心に直撃を受けます。
いっぱい泣いて、頭の先からつま先まで、ざぶざぶお洗濯されたような気分になりました。

本当に良い映画だった……今度のイベントの候補入り決定!




音楽の世界に限らず、本気で挑む物事というのは、
たった1回の勝負の舞台で、驚くほどの経験ができるんですよね。
ソロでコンクールに参加することもそうなのだけれど、
これが部活ともなると、関わった人数の分だけ青春があって、ドラマがあって。
それがかけ算になって膨らんだりするわけです。

昨年は様々なイベントが中止になってしまって
貴重な青春時代がコロナによって奪われてしまったこと、
部活生たちの心情を本当に気の毒に思います。
今年こそは無観客ででも録音審査ででも、何らかの形で大会等が開催できますように、と心から願っています。




世界規模で満足に音楽ができない日々が続いたこの1年。
音楽ができない日々なんて、戦争でもない限りやってこないだろう、と誰もが想像だにしていなかったでしょう。
少しずつ戻りつつあるとはいえ、まだまだ元のようになるまでには時間がかかりそうです。
でも、できないからと言って、音楽が私たちの胸から消えることはない。
いつか歩き出すその日のために、今という時間を大切に、うんと気持ちをあたためておけたらいいな、と思います。


そんな感じで「やるよ〜!」と決めた今回のイベント。

spring-event2021.jpg

こけけフェスの健康申告書を参考にさせて頂いて、告知のプリントもようやく作成完了しました。
もう少し手直しして、教室長にチェックしてもらって、週明けには配布できたらいいなあ。
どうぞお楽しみに

posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-03-02

校歌を連弾してみよう!


毎年クラス替えがあるというのに、
保育園時代から小学校6年間、ずーっと同じクラスで
本当に仲が良くて、ほぼ丸1日ずーっと一緒、みたいな2人組。

まだまだずっと一緒にいるんだろうな、と思っていたのですが
中学からは、別々の道を歩むことになったそうです。


いつかは違う方向に歩いて行かなければならない。
それは分かってはいるのですが、
分かってはいても、見ているこちらのほうが切ないです……ほろり。

そういえば2人で連弾をさせてあげたことがなかったかもしれない、と
卒塾したタイミングでレッスンを前後の続き時間にしてあげて、短い期間ですが、連弾を楽しんでもらうことにしました。


schoolsong.jpg


手始めに、小学校の校歌から!
この2人の通う学校の校歌は、山田耕作大先生作曲で、とにかくド派手。
左手のオクターブ奏もバンバン出てくるので、普通の小学生の手にはなかなか難しいものがあります。
音遊館でも、10人に1人くらいの割合で弾ける子がいるかな、という感じ。
ということで、以前から考えていた、4手連弾用の楽譜をこのタイミングでちゃっちゃっと作ってしまいました。
多少の保続音や連打はありますが、片手2声を2手に分けることによって、ずいぶん難易度は下がります。
そのうち、片手2声への理解へ繋がってくれたらいいなあ、と思いつつ……

この楽譜、高学年の何人かに渡してありますが、やはり冒頭の2人組は意欲もあってか、あっと言う間に譜読みを終えて、今日は、ドキドキしながらの初合わせでした♪
初めてにしてはけっこういい感じの出来に、思わず私もハイテンション


「いいね〜! せっかくだから他の曲もやってみる?」
という声掛けには、2人してアイコンタクトを取って

「「 やります! 」」

と、声を合わせて、やる気たっぷり。



2人とも塾に通いながらも、コツコツとピアノの課題もこなし、色々と弾けるようになってきた今。
1つの音楽を分かちあって楽しむ、ということが、
いつの間にかこの2人もできるようになってきたのだなあ、と
丸6年、見守ってきた側としては、本当に感慨深いものがあります。


今、ここにしかない時間を大切に、サポートして行けたらいいなと強く願った早春の日々なのでした。
posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021-02-08

レパートリーブック、正式に稼働しました


【過去記事】
2020年9月28日 お試し期間。
2020年10月7日 子供のスキと大人のスキはちょっと違うみたい



上記の過去記事でもお伝えしていましたが
半年間、試運転をしていた【レパートリーブック】によるスコア・イベント。

新しくルールも整理して、令和3年版は1月から正式に稼働することになりました。(土曜日は実施していません。また、テキストを離れ自由曲に取り組んでいる生徒への配布も今年は見送りました)

repertory-book_new03.jpg



昨年(令和2年)のお試し版は、
きちんとメソッド系のテキストに取り組んでいる導入〜初級者13人に配布していたのですが
スコアの上位3名は、1年間で

1位 460
2位 416
3位 330

の記録を樹立してくれました。


このスコアというのは、
音遊館独自に設定している曲のレベル(1〜3導入、4〜10は初級、11〜20は中級、21〜30は上級)を、合格時に獲得したものとして足し算したものです。基本的にレパートリーを増やす目的なので、楽曲の体をなさない指訓練(ハノン)などは合格しても含めていません。

つまり、目安で言えば、スコア400というのは、1年間でレベル4(ピアノの森1くらい)の曲を100曲弾いた、ということになります。
年間のレッスンは40回なので、2.5曲ずつ常に合格になっている計算です。
レベル8(ブルグミュラー25程度)の曲なら50曲合格ということになるので、1回につき1曲以上合格になっている計算ですね。

実際にはこの1位の生徒ちゃんは120曲ちょっと弾いていたので、
平均値を取ればレベル3〜4の曲を、1回のレッスンにつき3曲ずつ合格になっていた、という目安になります。
2位の生徒ちゃんも80曲以上弾いていたし、
一番曲数の少なかった生徒でも、30曲台だったと思います。
サラッと言ってみたけど、子供たちみんなの、このモチベーション、本当にすごい。

声を大にして言います。

わたし、小さいときにこんなに弾いたことない!


みんな、本当にすごいことを成し得ているな、と心底感心してしまいます。



みんなの頑張りの支えになったらいいな、と思って始めたイベントですが
思いのほか、先生のほうこそ心の支えになっているという………(笑)



昨年協力してくれたみんなには、継続記念品にプラスして、ちょっとささやかなプレゼントを配布したいと思っています。
楽しみにしていてね
posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする