Top教室>日常 >7/40週目
2020-06-29

7/40週目


第1四半期、7週目がスタートしました
新年度の初めごろはコロナの流行が不安でしたが、ここまで順調に推移していて、ホッとしています。

気のせいか、山のほうから蝉の鳴き声がしているような気がする今日この頃。
蝉さんよ、ちょいと気が早くないかい…???




さてさて、2週間ぶりのレッスンですが
自分でもびっくりするほど穏やか〜で和やか〜なコンディション。

新年度だったり、本番前だったりすると、
やはりテンションが意欲が高いというか、要求が高いというか、
あれもして! これもして! と、すっごくアクティブになりがちなのですが
今週は、縁側でお茶でも飲んでいるような心境というか
流れる水のごとく、ゆるやかな時間をみんなで共有しております。


ひとつひとつを、ていねいに、リラックスして。
絡まったものをほぐすように、押しもせず引きもせず、
本人が行きたい方向へと自然に向かわせてあげる。

こういうレッスンって、しようと思ってもなかなかできないもので
神様がくれた奇跡の時間とも言えるような
なんだかとっても不思議で神秘的な心地です。




改めて振り返ってみると、
大混乱の3月、不安な4月、意欲的な5月、自分との対話が中心の6月……。
色々と振り回される2020年の上半期だったな、と。。。

こんなふうに、心身ともに穏やかなレッスンって、
本当に久しぶりなんじゃないかな? と思ってしまいます。

それもこれも、
先週きちんと、本番を終えられたのが、自分の中でとっても大きいです。


はしごを外されるようにして、何もしないまま演奏活動が無くなってしまうのと
ちゃんと全うして、次の公演のことを考えるのとでは、同じ空白期間でも
心境の差が0と100くらいに違う!!! と感じています。

迷いを持ったままで新しいことを始めるということが、いかに難しいか。
物事を終わらせないで次に向かうということが、どれだけ自己肯定感を削ってしまうか。
見えないところで、ずっと心の戦いをしていたようにも、思います。
これでようやく、私自身の一連の戦いの決着がついたと言えるかな。

新型コロナの問題はまだまだ、何も解決していませんが
全ての物事に少しずつでも穏やかな時間が戻っていってくれたら、
それを手にする人が一人でも増えていってくれたら、と
願わずにはいられません。




なんとなーくですが、生徒ちゃんたちも薄々
「先生、なんだかデトックスしたみたい」
と思っているような気がする。

レッスンが終わっても、「それでね、あれでね」と話が止まず、
なかなか帰ろうとしないのが可愛い

そう、いつもよりも若干、世間話にあふれている日々です。
たぶん、私が余裕をもって聞いてあげられてるからだよね。
長い間、いっぱいいっぱいで、ごめんね

みんなと触れ合える、【今】という時間。
毎週あるからと普通扱いしないで、日々の一瞬一瞬を心から大切にしたいと思います



今日のおまけ。
ミニコンのオブジェにしようと思って、ダイソーで揃えてみたのですが
思惑とうまいこと一致せず、結局、教室のオブジェになった紫陽花。
ダイソーにしてみては、季節感があっていい感じ♪

flower.jpg

チロルさんは、こういう、紫陽花とか、ひまわりとか、ガーベラとか、ダリアとか、蓮とか
「どーん!」と存在感のあるでっかいお花が好きなのです。
しばらく、通りがかったお花屋さんで1輪だけ買って帰る、みたいなことをしていた時期がありました。

今週いっぱいはココロも晴れ晴れ予報が続きそうな気がするけれど
気分が曇りだしたら、ふらっとお花屋さんにも足を向けてみようかな。
造花よりは生のお花のほうが、ずっとずっといいものですから


それにしても、雨が大変な数日ですね。
皆様、重々お気をつけくださいね💦



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はずいぶん前からお休みしています。ご了承ください。




posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。