閑話休題。
鹿児島市のピアノ教室 音遊館(おんゆうかん) のブログへようこそ!
初訪問の方は、カテゴリ【ご案内>初訪問の方へ】をご覧ください♪

閑話休題。



2017-10-16

結果オーライ、ステッカー。


シールのストックが少なくなってきていて
今回はこちらをチョイスして、注文していたのですが……



届いてビックリ、思っていたより、でかい!

そういえば、サイズを確認していなかった……

たしかにこれは、『シール』じゃなくて『ステッカー』の部類です。



どうしようかなあ、と考えていたら……今日のレッスン1号のRちゃん。
ちょうど、取り組んでいたピアノの森1巻が、最後の曲!

「ねえRちゃん、終わった記念に、表紙に貼るでっかいシール、選ぼうか

と声掛けすると……… なんとまあ、嬉しそうなお顔



箱の中から、すかさずトトロのステッカーを見つけて、こんなふうにペタリ

done.JPG


低学年の生徒さんは、テキストが終了したあとも、
そのままレッスンバッグに入れたままになっていることがたまにあるのですが
こんなふうに『終わった!』という記念のステッカーを貼っておけば
おうちに置いてきてもいい楽譜、という目印になって、分かりやすそう


1冊終わった記念に何かあればいいのにな〜
と常々考えていたので、今回の失敗は、結果オーライでした

なくなったらまたリピートしようっと




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-15

音程カード、完成!


何か月か前にFinaleで大きな枠組みだけ作って、
しばらくそのままにしておいた、音程カード。
作業にかけた時間はそれほどでもなかったのですが、ようやく、完成しました。

card-interval.JPG

2度音程が、下第1線〜上第1線までの12枚。
3度音程が、下第2線〜上第2線までの15枚。
4度音程が、下第2線〜上第2線までの14枚。
5度音程が、下第2線〜上第2線までの13枚。

計54枚のセットです
あ、トランプと一緒だ




その音程カードと同じひな型を使って、調号カードも作成してみました。

card-key01.JPG

実は、サイズ変更を間違ってしまって、
原稿の半分が小さいサイズ(上3組)になってしまいました。

でも、並べて見ると、小さいほうが分かりやすい

今回はこのまま使用して、次に追加で作る時は、小さいサイズで揃えようと思います



調号カードには、♭♯が6つまで、ト音記号とヘ音記号の両方で作ってあります。(計23枚)

card-key02.JPG

card-key03.JPG


意味ないけど、ハ音記号があっても良かったかしら(笑)

中級ソルフェージュ・クラスは、これから調のお勉強の入る時期なので
みんなでワイワイ、楽しく全調と仲良くなって行けたらいいな〜。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>教材・教具・テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-12

あのお辞儀、校則なのだそうだ………。


けっこう前の話になりますが、
一時期、色々なコンクール(主に児童生徒の部)で
たいへん違和感のある、妙なお辞儀が流行ったことがありました。


手をオヘソの部分で重ねて腰を折ったり、
もっとひどいと、胸の上で両手をヨコに組んだり、
どちらにしても、自然ではない、不自然な姿勢のお辞儀で。

何十人の中の1人2人だと、気に留めなかっただろうと思うのですが
まあ、出てくる子出てくる子、ほとんがそういうお辞儀だったステージを見た時は
「…………………なんだろう、、、あれ」
お辞儀が気になって、全然演奏が耳に入って来なかったこともありました。


そのうちに、審査員の先生までもが
「ああいうお辞儀は良くない」
と講評の中で注意を促すことが増え、
私自身も、コンクール前などは逐一『お辞儀の仕方』をチェックしたりするなどして
こどもたちにも「フツーのお辞儀は、こう」と
なるべく、作らない自然体のお辞儀を教えるようにして
最近は、あの妙なお辞儀にも、あまりお目にかからなくなったなあ、と思っていたら。




校内合唱コンクールで伴奏を担当する予定の、中学生のHちゃん。
次の日曜に本番が迫っていたので
「じゃあ今日は、お辞儀からしてみよっか〜」
と声をかけると…………


でたーーー!? あのフシギお辞儀!! 肘が鋭角・手がきっちりオヘソの上!


「Hちゃん、あのね!」
と、すかさずツッコんで、『フツーお辞儀』を教えると……


Hちゃんは、苦笑いしながら、小さな声で
「校則で、みんなこうしなさい、って、決まってるんです………」


なんとお!?


じゃあ……、今回は仕方、ないかあ………

「おぅけぃ……じゃあ、学校の中ではそれで……
一応、今教えたお辞儀、頭のすみっこにでも置いといてね……」



一体全体、どこからあのお辞儀が出てきたのだろうと思ってはいたのですが
なるほど、こういう形で、浸透していったりした部分があったのですね。

校則、かあ………。



うーん。。。

客室乗務員や、デパートの販売員の方がそういうお辞儀をする分には、別にいいかなとも思うのだけれど
やっぱり、ステージの上でするお辞儀では……ないような。

うーん。。。



ま、ここで悩んでも仕方がないので、
気を取り直して!

発表会やコンクール前は、これまで同様、逐一お辞儀チェックから
ステージマナーの再確認を促していきたいと思います




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-08

元気の出るものに囲まれていよう。


実は今週、ちょっと過労気味でした。
いつものように、シャンプーを何回したか分からないような状況(過去記事:体調で振り返る、今秋)になっていたり

「はじめましょう」の挨拶の時になぜか
「オメデトウゴザイマス」と口走って

「……………………あれ? なんかへんなこと言った? ごめ………ん????」

こどもたちも、ぽかーん。。。(笑)


後から振り返ったら、ひとしきり笑える状況ですが、
完全に意味不明だよね、ごめんね(爆笑)

チロルさん、ときど〜き、こんなふうになりますが どうぞ、気にしないでください(?)




気がつけば、10日連続の仕事が続いた先月末。
何かしら色々、いっぱいいっぱいで
「ちょっと、抱えているもの、降ろした方がいいな……」と
来月参加するはずだった合唱講習会の予定も、出席予定をキャンセルさせてもらったほどでした。

幸い、今週は平日の4日間、回数調整のためのお休みを頂いていたのですが
いつもよりたっぷり寝て、自分の練習もいつもよりたくさんして
好きな料理を作ったりして、ようやく自分を取り戻した感じです。




ふと、何か月か前に、新しく購入していたパズルのことを思い出しました。
何かを頑張った自分へのご褒美、として仕舞っておいたものだったのですが、
なかなか、手を伸ばす時間がなかったのです。

せっかくの3連休、半分以上は仕事で、どこかへリフレッシュしに行く予定もなく(元気もなく)
片手間にのんびりとできる、500ピースのこちらのパズルを楽しんでみることに。


500ピース ジグソーパズル めざせ! パズルの達人 楠田諭史 空の王国~水の都市をめざして(38x53cm)

この、楠田諭史さんの絵をはじめて見た時、
いつまでも、目を離せなかったのを覚えています。

思考が一瞬、停止するような。
難しく考えすぎていたことが、ぶわっ! と、飛んでいくような。

ヨガの終わりに、思考の静けさを感じる感覚と似ています。



ひとつひとつのピースをパチリ、パチリとはめていくうちに
少し、また少しと、
あたたかな気持ちに囲まれていきました。



完成したものを額に入れて、じ〜〜っと堪能。

うん。
やっぱり、いい絵だなあ。

自室に飾ろうかとも思ったのですが、
せっかくなので、しばらく教室に置いておこうと思います。



元気のない人は、この絵を見て、ぜひ元気をもらってね




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>本棚・待合コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-04

そろそろシールを注文せねば。


毎年毎月毎週毎日、シールの消費量がハンパないです。
あまりにも経費がかかりすぎてるなと思って、一昨年はスタンプに浮気したのですが
それでもやっぱりシールって便利。
シールを選ぶこどもたちも嬉しそう なので、戻して良かったなと思うのですが、
いつまでも同じものだと飽きがきてしまうし、そうすると意欲もそがれてしまうしで
シール探しって、けっこう大変です。



以前、コストコのシールセットが話題だったころは、
(田舎なので)何度かお取り寄せしていて、その大量っぷりにとってもお世話になっていたのですが



4年半前、最後に購入したとき、すんごくステッカーの質が悪くなっていて
印刷がシール面から半分ズレていて使い物にならなかったり
貼ってしばらく経つとポロリと落ちてしまっていたり(特にラメ入りのもの)

「このシールは、もう頼まないかなあ」…とぼんやり思っていたら、
案の定、どのお店も取り扱わなくなっちゃったようで。

もう手に入らない、と思うと、けっこう残念で(苦笑)
本当にあの種類とあの数、そしてお値段、魅力的でした。
リニューアルして出てこないかしら………しくしく。




さて、今年度に入ってからは、こちらと


こちらと


こちら


にお世話になったのですが、そろそろ底が見え始めてきました……。
半年で3000枚以上は消費しているかも。
特に教室長は、合格にならなくても、その日チェックした曲にシールをペタリと貼っちゃう人なので
シール使いがめっちゃ荒いです





最近では、100均でも可愛いシールがいっぱいあって

マスキングテープのような透け素材のものや
seal04.JPG
手帳用のこういったユルいキャラのものもちょこちょこ入れているのですが
seal03.JPG
このタイプは、ちょっと大きい子供たちにも人気で、あっという間になくなってしまいます。

フレークシールもストックしてあるので、今度はこちらもつぎ足そうと思っているところ。
seal02.JPG



ふと気がつけば、10月は上半期の〆となる月でした。
こういう(「次を頼まねば!」という)状況になるのは、当然なのですね(笑)
不足している常備品、消耗品のチェックもしつつ
来月からの下半期に向けて、着実に雑務もこなしていきたいと思います




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-03

ウタマロに乗り換え


姉宅で使用していた食器用洗剤の使い心地がとても良かったので
我が家も乗り換えてみました。

【まとめ買い】 ウタマロ キッチン 詰替250ml×3個セット
東邦 (2014-04-01)
売り上げランキング: 1,145


泡切れが良くて、手にやさしい感じ。
使った感じはやわらかいのに、油汚れもスッキリ落ちます。
ただ、スポンジによっては泡立ちにくいので、相性のいいスポンジをただいま探索中


最近、教室長が「手荒れが酷くて……」と嘆いていたので、
「これ、どうでしょう?」と勧めてみると……

「あれ、いいわあ〜〜〜

たいへんお気に召したもよう



ピアノ弾きはやっぱり、手指を大事にしたいですよね

これからの季節、特に荒れることも多くなってくるので
しっかりケアをして、今日も明日もいい音を出して行けたらいいな〜



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-02

食わず嫌いなしとは、すばらしい


今年に入ってから
全調メソッドのテキストと併用して、この曲集を併用している、3年生のAちゃん。

こどものバイエル併用 やっぱりピアノがすき! 下巻
橋本 晃一
ドレミ楽譜出版社
売り上げランキング: 154,445


あっけらかんとした性格、と言うか
指よせやポジション移動の大変さもあまり苦にしないタイプのようで
別に宿題として「やっておいで」と声掛けしている訳でもないのに
「片手ずつやってきたよ
「両手で弾いてみた
と、いつも何かしら次のステップへ進む姿勢を見せています。

そんな感じで、ちょっと順番を入れ替えたりもしながら、順調に18曲目までやってきました。
それが、『草原情歌』。

中国的な旋律なんですよね。
音楽の構造もこれまでとちょっと違って、少し理解が難しいかな………と思って
「飛ばしていいよ〜」
と伝えてあったと思うのですが、本人、ケロリと
「片手ずつ弾いてきたよ?

…………おおう。やる気があるなあ。
(私の話を聞いていなかっただけかもしれないけどな……)



で、聴いてみると。
まあビックリなことに、ちゃんときれいに弾くんです。えらいな〜〜〜。



「じゃあ、せっかくだから、中国っぽい音楽、いろいろ聴いてみようか」

と、ゴソゴソ、私がCD棚から出してきたのは、コレ。

十二国記 蓬山遠景~胡弓 Memories
TVサントラ
ビクターエンタテインメント (2003-06-21)
売り上げランキング: 23,275


胡弓の音色って、ステキですよね〜
ちなみに十二国記はホワイトハート版、講談社版、新潮文庫までそろえるくらいの大ファン。


それと、

ザ・モスト・フェイヴァリット・フェイ~グレイテスト・ヒッツ
フェイ・ウォン
EMIミュージック・ジャパン (2002-03-30)
売り上げランキング: 127,268


日本では『ファイナルファンタジー8』の挿入歌でもおなじみになった、フェイ・ウォン。
これも(違う曲だけど)ちょこっと聴かせてあげました。

私自身、FFは、6と7と10しかやっていないのですが
このCDは、アジア・ポップスにハマっていた2000年頃に買ったんだったかな…?と思います。




Aちゃんの反応はと言うと………

「ふ〜ん。。。。。」

あ、たぶんコレ、響いてないパターン……(笑)

ま、いいか。
でも、いつかどこかで響いてくれるといいなあ………




で、Aちゃんのこのレッスンがきっかけとなって、
私の中のアジア・ポップス熱がプチ再燃しました。
中高時代、勉強のかたわら、
深夜の『アジア・ポップス・ウィンド』というラジオ番組を聴いていたんですよね〜。
特に、香港ポップスが好きで、初めて自分で買ったCDは、なんとクラシックではなく



レスリー・チャンのアルバムでした
だけど、当時、普及し始めていたインターネットで、
レスリーがほんの数か月前に、若くして亡くなっていたことを知って……

この素晴らしい声が、才能が、この世から失われてしまったということが、本当に本当にショックでした。
特にこの曲は秀逸で、今、聴いても、
泣きたくなるくらい、どこかへ帰りたくなるような郷愁に駆られます。



今でも大事にしているMDの中に、
当時のラジオで流れた曲で、お気に入りの曲だけ入れてあるMDがあるのですが、
せっかくなので、いくつかアジアン・ポップスのオススメをご紹介したいと思います


イーキン・チェン/愛情歳月/香港

ちょっと音程が気になるけど、サビが好きなんです。

GOD/ろうそくの ともしびひとつ/韓国

当時、言葉は分からなかったけど、励まされるような感じが好きでした。そうか、こういう歌詞だったのね。

ディック・リー/The Perfect Moment/シンガポール

このアルバムは他の曲もとってもよくて、10年越しにアマゾンで中古CDをポチってしまった……。



他にも、台湾やインドネシアなどのポップスももりだくさん、思い出MDの中に詰め込まれていました。
なんにしても、世界は広いな、と思います。
言葉が違っても、意味が分からなくても「いいなあ。」と感じる曲はたくさんあって……


音楽は世界共通語、って、本当ですね。

世界中の人たちが、色々な国の音楽とお友達になれたら、ステキだなあと思います


Aちゃんの『草原情歌』、仕上がりが楽しみです




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-10-01

変人がするゲーム


作曲家の姉から iWriteMusic という楽譜アプリを紹介してもらったのが2か月くらい前。
タブレットに入れておいたのですが、放置してあったのをふと思い出しました。

私自身、楽譜ソフトは Finale一択 なのですが
これも相当、使い心地がよろしいとのこと。



機能を確認するのには、写譜が一番! ということで、暇な時に
夏に覚えたばかり の平均律のフーガを暗譜で打ち込んでみるという変人的なゲームをしてみました。
(ちなみにこの曲、約10日間で取り組んだあと、1か月弾いていません)


bach_893_01.PNG

<ここまでで、一旦答え合わせ>

・0小節目 左手の8分休符が抜けている
・1小節目 Sopの2拍目の連桁がヘン
・5小節目 Altoの2拍目の連桁
・7〜11小節目 Sopの連桁が完全無視
・12小節目 Altoの1拍目は八分音符が正しい
・12小節目 Bassの連桁
・13−14、14−15、15−16のSopはタイが正解
・14小節目1拍目、Altoは付点四分音符が正しい
・15小節目、2拍目の頭はタイが正解

・5−10小節目、左手の全休符はどこへ……


打ち込みながら、案外、覚えているもんだな、と、妙な感動を覚えつつ
まあ連桁は良いにしても、青文字の間違いは見逃すことができません
反省、反省。



そんな感じで、ポチポチ……と打ち込みながら
32小節を再現し終わったところ(約30分)で


飽きた。



自分が変人だと、ただただ自覚するのみのゲームです
良い子は、真似しないように(笑)
そんなところに脳みそを使う余裕があるなら、他所で使った方が、よほど世のため人のためになるのではないかと思って落ち込む羽目になります(にっこり)


ちなみにこのアプリ、無料にしてはかなり使えます。オススメ。
外出先でパッと何かを思いついたときなどに、きっと便利ですね



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-09-30

合格ノート、リニューアル中


合格曲の話題が出たところで……


1人1人の合格曲を、どうやってカウントしているかと言うと、
実は、生徒の皆さんには、ほぼ全員、合格ノートというものを配布しています。

repertory-book.JPG

入口近くのクリアポケットにドサッと入れてあって
中身は、こんな感じ。

repertory-book02.JPG

合格になったら、シールを貼れます



2年前は、同じようなノートでスタンプ帳という仕様だったのですが
スタンプ打ちが追い付かなくなったのと(笑)
何が合格したか分からない内容となってしまっていたので、思い切って1年で廃止しました。


代わりに昨年度から導入したこの合格ノートは
1冊で120曲のレパートリーを収めることができます。
おまけに、原稿に曲名を印字しておけば、
先生は日付を書くだけ、こどもたちはシールを貼るだけ、メンドウクサクナイ!



………でも、そこで終わらないのがチロルさん。
なんかもうちょっと、こう、使い勝手を良くしたいのだ〜〜

ってことで、プチだけど大改造。


『本』の項目は、表紙に書いてあるから別にいらないわけで、
どうせ書いてあるんだったら、曲のレベルが分かった方が、きっと取り組み甲斐があるよねえ
と、全曲、レベリングすることに。


これが非常にしちめんどくさかった!
(これまでの作業で、なにせ約20冊……かける約100曲、としても約2000曲ですゼ)
けど、こんな感じになって

repertory-book03.JPG

ひと仕事を終えて、ほっこり満足しているチロルさんです。
とりあえずストックがある分は、旧版を使用しつつ
まだ、わりと大きい生徒たちが使っているテキストまで手が伸びていないので
少しずつ、分析がんばらなくちゃ。



ちなみにレベリングに関しては、ベースの部分は某所を参考にさせて頂いていますが
(遺してくださってありがとうございます、勉強に励みます)
細かいところは音遊館仕様。

こどもたちの様子を見ながら、微調整、していこうと思います



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-09-20

合格曲の統計調査2017 第1四半期


この間ふと思い立って、
第1四半期(5−7月)の全10回のレッスンで
生徒たちが新たに取り組んだ(合格になった)楽曲の数を調査してみました。


上位3名の結果は…

Kくん(小2) 56曲
Kちゃん(小2) 49曲
Sちゃん(小2) 47曲

みーんな、2年生!


なんとな〜く、「2年生が一番練習する時期だよね〜…」と感じてはいたのですが
今年も例にもれず、みんな頑張っています。
だいたい、1度に5曲ずつは合格になっていっている、ということですよね。
スバラシイ!



と、いつもなら、ここで達成感を覚えるだけで終わってしまうのですが
今回は、下位だった生徒たち………とりわけ、

3か月で3曲しか合格していない、2人の生徒たち

に目が行きました。




どちらも、小学3年生。

1人は、遠泳のため、この四半期は月2回レッスンだったので、合格楽曲数が少ないのも頷けるのですが
それにしても、去年1年間で67曲も合格になっている生徒だったので、急なペースダウンにが気になります。

もう一人は、全調コードを憶えている途中。
それに関しては素晴らしい取り組みを見せて、18調のコードをパッパっと押さえて
それぞれの属七の和音も把握して、「メリーさんの羊」も18調で弾けるようにはなっているのですが
ちゃんとした楽曲自体に興味が向かなくて、
それでもなんとか食べさせてみたものの、3か月でたった3曲……。
この子も、去年1年間では、74曲に取り組んでいます。



まあ、どちらにも言えるのは、

★ 力はあるのに、面倒くさがり
★ 面倒くさがりなので、パッと弾けるような、より簡単な曲を好む
★ 自分から積極的に動かないので、自宅練習があまり進まない

大まかな問題点は、この3本かなと。



そういうことを踏まえながら、今、取り組んでいるテキストを見直してみました。


最初の1人は、新オルガンピアノ1の両手奏に入ったところで、踏ん張りどころを迎えているみたい。
両手奏の最初の3曲はきれいに弾けるようになったけれど、
次の1曲にどうしても時間がかかってしまっています。

ふよみとテクニックをたのしく アキピアノ教本(1)
この本だったら、両手奏の力はついていきそうだけれど、今の時点でのMAXを常に要求されるのと
同じような形態の曲が延々と続いて、ちょっと疲れてしまうかも。

こどもの歌で楽しいレッスン うたえる!ひける!ピアノ曲集 <せんせいといっしょ> (1)
これは、最初は左右交互奏で、後半の数曲はユニゾン奏になるけれど、
ずーっと同じレベルの曲が続くので、教室で初見で取り組めるようにもっていきたいかな。

たのしいレッスンのために キッズピアノ(2) カラーカードつき
この本は、両手奏の間に左右交互奏が入って、中休みしながら進んで行くテキスト。
これが一番合うかなと感じているけれど、
ただこの本の次巻は使えない(黒鍵を1で取る曲が出てくる)ので、考えどころ。
まあ、この本を上手に活用して軌道に乗った生徒もいるので、1冊だけ使って、様子を見てみようと思います。



もう1人のほうは、全調コードの本に合わせて
こどものバイエル併用 やっぱりピアノがすき!(下)
を併用しているのですが
8分音符が入ったり、楽譜が4段になると、もうそこで抵抗感を示してしまいます。
こういった子供に人気がある曲でも、興味があまり向きません。

とりあえず、自宅練習の習慣をなんとかしないと……と思って、
新WAKU WAKUピアノテクニック 1
この本を渡してみたところ、翌週には「ほぼ全部弾いてきた」と言って
次から次にめくって弾いていました。
このテクニック集には、細かいアーティキュレーションがたくさん入っているので、それをひとつひとつ体現できるようにしているところです。

4段の曲を1曲やるのは気が向かないけど、1段の曲を4曲やるのは、OKなんだよねえ。
内容量は一緒なのにねええ(苦笑)


そんなわけで、全調も覚えつつあるし、短い曲がたくさん入っている
WP201J バスティンピアノベーシックス ピアノ(ピアノのおけいこ) レベル1
バスティンが合うかな〜と考えているところですが

演奏よりも音楽理論が好きな子なので
アルフレッドピアノライブラリー 基礎コース レッスンブック レベル1B
のほうが、勉強意欲がわくかもしれない、とも思ったり。

ただ、8分音符への導入がもうちょっとなだらかだったらな、と感じるので
アルフレッドピアノライブラリー 導入コース レッスンブックC
カンガルー本も検討してみようと、
アルフレッドの基礎コース、導入コースのシリーズ、まとめて発注をかけたところです。



たとえ兄弟でも、1人1人、本当にタイプが違うので
音楽が好き! という気持ちをこわさないように
柔軟に対応できるように
私自身も、頑張って「ああでもない、こうでもない」と悩みながら、学びを深めていこうと思います




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>教材・教具・テキスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...