閑話休題。
鹿児島市のピアノ教室 音遊館(おんゆうかん) のブログへようこそ!
初訪問の方は、カテゴリ【ご案内>初訪問の方へ】をご覧ください♪

閑話休題。



2017-08-15

ワタシが飛んだ日…


一昨日の昼下がりのことでした。
ヨガをしていたんですね。
いつもよりちょっと涼しかったので、
珍しく、エアコンもつけず、窓を開けて外気を通しながらの昼ヨガでした。

一通り動き終わって、用を思いついて階下に降りようとしたときのことでした。
汗だくになっていた足裏には、この時はまだ気がつかず。
何かの拍子に踊り場で両足が ずるうっ と滑って


そして、私の体は宙を舞いました。
まるでプールにある、ウォータースライダーから身体を投げ出されたように

仰向けに

a0001_008571.jpg


落下まで、たっぷり0.5秒。
家人の話によると、「ぅわー!!!!!」と大声で叫んだ直後、4,5回の

ドガドガドガ

という、大きな音が聴こえたそう。

まさにこんな感じ。 http://pic.twitter.com/Eqicg40XLj



我が家の階段は15段あるのですが、
落下途中に、とっさに手すりをつかんだようで、実際に落ちたのは半分の7〜8段程度。

実際には早い段階で手すりはつかんではいたのですが、
急には止まりませんでした……そりゃそうだよね。。。



幸い、頭は打たず
人生2度目の蒙古斑が出来た(爆笑)のと
背中をすりむいたのと(Tシャツ着てたんですけれどね……)
あと、左かかとを強打したくらいの怪我で済みました。

お盆で帰ってきていた(?)ご先祖様が守ってくれたのか、非常に軽傷。
ありがたや、ありがたや。


とはいえ、この3日間、安静にしていました。
特に翌日、ムチウチがひどくて、胸から上はどこも打ってないというのに、首筋がひどくかた〜くなって、肩まわりがずいぶん痛みました。もう、一晩眠れなかったくらいです。
あと、とっさに手すりをつかんだ右腕も。やっぱり、ほんの数秒とはいえ、腕1本で身体を支えたんでしょう。翌日になって、上腕がぐぎぎぎぴきぴき。

あまりにひどいので、いつも腱鞘炎(になりかけ)の時にお世話になっている コレ


をとにかく痛むところにあちこちぬりぬり、
3日目の今日にして、ようやく、痛む範囲が少なくなってきたように思います。
やっぱりコレ、すごく効きます。高いけど……。

週末にまた東京に行く予定があって、飛行機をキャンセルしようかずいぶん迷ったのですが
まあ、これ以上はひどくなることはないだろうと思って、行くことを決意。
教室長には止められましたが、ぼちぼち体調&様子を見ながら、研修に行ってきます。



そして、明日16日にサックス伴奏の本番を予定していた件については、
先方の都合で、延期されることになりました。
その連絡を頂いたのが、まさに宙を飛んでいた時間帯

奇妙な符号と言うのか、不幸中の幸いというのか。



数日前にサソリに刺される夢など見て、ちょっと嫌なことが起こりそうだなとは思っていたのですが
とりあえず、交通事故とかじゃなくて良かった。本当に。

あんまり安静にして退屈だったので、今日からは、ピアノの練習も再開しました。


ああ、ピアノが弾けるって、なんて幸せなんだろう………。



そんなこんなで、次の本番は、27日、姶良ステップです。

お盆中にやろうと思ってた平均律の音取り、
そんな訳なので終わってないんですよ、どうしましょうね…


そんな中で3日も留守にする決意をしたおばかさん、どうしましょうね…(そろそろ自覚して!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-08-06

九州大会(沖縄)へ駒を進めることになりました


今日は、台風で公共交通機関は停止・地元のデパート・スーパーもほぼ臨時休業の中
宝山ホールで県合唱フェスティバル(合唱コンクール県予選)が開催されました。

午前中は、突風中心、午後からは雨が降ったようでしたが
台風の規模としては、今回はそこまで、ひどくなかったような……。
むしろ前日までのほうが、風も大きかったような気がします。地域差、あるのかな。


連盟の理事の方々、判断にずいぶんと苦労されたみたいですが、開催できて良かったと私は思います。
後日、新聞に、台風の中開催するのはどうか、予備日を設けては、という記事が載りましたが
こんな大きなホールでは1日で数十万〜数百万というお金が動くと言うのに
そして、合唱はただでさえ、自治体からの補助金が少ないというのに……おまけに加盟団体も減っている(だろう)というのに……
それは無理な話ではないかと、いち参加者として思いました。


まあ現代の技術からすれば、
今回のように、台風で参加を見合わせる団体は、無観客試合を中継するみたいな感じで
たとえば学校などに一時的に集って、予定時刻にリアルタイムの演奏をホールに送ったりすることができるように検討してみては、と思うのですが…………
または、期日までに全団体の録音を提出させておいて、不参加の場合はその録音で判断する、などですね。

とはいえ、それだって実際には機材がないと無理ですし………。
いい機材を持っているところが有利になってしまいます。(私立とか)


まあ、参加する人の数だけ、いろいろと思惑はあるとは思います。
不参加の1校は本当に残念ではありましたが、ともあれ、無事に開催できて良かったです。



さて。6月から、歌い手として練習に参加させて頂いていた合唱団。
11名でコンクール県予選に臨んだ結果、金賞を頂いて、九州大会へ推薦されることになりました。

九州大会は、毎年各県が持ち回りなのですが、今年は、沖縄!です。
初・沖縄です!


金賞と言っても、録音を聴く限り、色々と問題点が山積していますが…………
気になる点は軌道修正できるように、ここから残り1か月、頑張ろうと思います。


とりあえず、毎日発声練習しよう



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>合唱 歌い手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-08-05

北極星男声合唱団の練習にお邪魔してきました♪


今日は、台風の進路が不安視される中
9/24(日)に予定されている 第14回 白いうた青いうたフェスティバル in Kagomma
の公募合唱団、北極星男声合唱団様の練習にお邪魔してきました。
今回は2曲、伴奏させて頂く予定です。


今日の練習は、17時半〜20時半予定だったのですが
実は明日、別の合唱団で参加予定の合唱コンクールの県予選を控えており、その最終練習が19時から予定されていたこともあって、
「大変申し訳ありませんが、今日は19時まで参加させてください」
と事前にお願いしていたのですが……

なんと、台風襲来で前日練は中止!
公募合唱団の練習も、かなり繰り上がって17時〜19時にと大幅変更されました。
ということで、図らずも最初から最後まで練習に参加することができました、ラッキー(笑)



男声合唱団の伴奏は、実は、初めて。
若干ドキドキしていたのですが、団員の皆さんが快く受け入れて下さって、気持ちよ〜く音楽を紡ぐことができました。
たしかに、女声合唱とは違う部分もあって、
普段はピアノよりも高音部にいるコーラスが、ピアノの音域と混じっていたり、低音部にいたり…と、不思議な感覚もありましたが、そこがなんだか新鮮で、くすぐったい感じがして楽しかったです。


で、ひとつ驚きの出会いが………


休憩中、初めてお顔を拝見した40代くらいの団員の方から
「チロルさんって、もしかして、某カフェのミニコンに出演されていませんでしたか?」
というお声が……

「はい、昨年の5月に!(その時の過去記事はこちら)」
とお答えすると、
「やっぱり!ボク、聴きに行ってたんです。すごく印象に残ってて」
とのお言葉を頂きました。
なんと……、それは本当ですか!?

「T高校の合唱団の伴奏もされてませんでしたか? 指揮者のMくんの……」
「あ、それでしたらP合唱団でしょうか? M先生にはお世話になってます」
「ああ、そうでしたね! P合唱団のコンサートでお見かけしたんでした。Mくん、ボクの後輩なんですよ」

まあなんと、あの時、聴きにいらしてくださった方と、そんなつながりがあったなんて



名前も存じ上げなかった方から、そういうふうに記憶にとどめて頂いたこと……
うまく言えないんですが、
良い音を出せた時とも違う、上手に曲を表現できた時とも違う、自分の頑張りが認められ時とも違う、
また違った感じの嬉しさがありました。

お声かけ頂いて、お名刺まで頂いて、本当にありがとうございます



世代をつなぐ、【白いうた 青いうた】。
『音楽のつながりから、人とのつながりへ』

またこのイベントに戻って来れたことを、本当に嬉しく思います。
当日に向けて、1音1音に心をこめて、音楽を奏でていけたらいいな



【白いうた 青いうた】
水俣出身の詩人、故・谷川雁先生と、作曲家の新実徳英先生が作った53曲からなる歌集。
新実先生のお言葉をお借りすると、『平成の唱歌』。
谷川さんによれば、『あなたのお父さんがまず曲をつくり、なんとおじいさんが詞をつけ、十代のあなたがそれを歌うということになったら、おうちの空気はどうなります。盆栽までにやにやし、冷蔵庫がかたこと踊り出しはしませんか。』

詳細は、公式HPにて




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>合唱 伴奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-08-02

調律師さんによる夏休みイベント【ふしぎ発見!ピアノの世界】開催しました


いやはや………

「小学生以上は、基本的に全員参加」と呼びかけてはいたものの
夏休みだし、それぞれ予定があるだろうし、
まあ、多くて10人〜15人くらいかな〜と思っていたのですが……

8月2日(水)、平日の朝10時から
なんと、20人が集ってくれました!!
ビックリ!


piano-discovery04.JPG

子供たちは、座学よりもやっぱり実践のほうが興奮したようで(笑)

実際の調律シーンや、アクションを見てもらったりする場面では、我先にとピアノの周りにダッシュ!

piano-discovery03.JPG

そしてイベント終盤の、オルゴールを響板に当てて鳴らす実験の際には、
私までテンションMAXでした。

Mさんが空中で回してもぜんぜん聴こえないのに、
ピアノの響板の上に置くと、すっっごく響いて聴こえるのです。

「Mさん、今度はこの段ボールで試してみてください!」
「今度は、この本の上でお願いします!!」

あれこれ試してもらいましたが、結局、ピアノの響板が一番よく、大きく響いていました。
はわあ、ピアノって、すごいんだなあ……


私自身も、ピアノの新たな一面にたくさん気づかされた1日となりました。
Mさん、ピティナ本選に南日本本選にと日程ツメツメのご多忙の中、
貴重なお話をたくさん聞かせて下さって、本当に本当にありがとうございました


みんなも、暑い中、こんなにたくさん集ってくれて
静かに耳を傾けてくれて、お行儀よくしてくれて(笑)、本当にありがとう



以下、みんなの感想です。1人分だけ、どうしても見つからなくて、19人の声です。


・きょうはありがとうございました。(1年女子)
・ありがとうございました。またきてください。ぺこり(2年女子)
・きょうはいろいろありがとうございました。(2年女子)
・ありがとうございます。またきてください!ペコリ(2年女子)
・きょうはありがとうございました。(2年男子)
・せつめいがこまかくて分かりやすかったです。オルゴールの事はびっくりしました。これからも自分でけんきゅうしようと思います。(3年女子)
・ありがとうございます。ピアノの中のことがよくわかりました。とくにぞうのきばがかわていたのがすごいなあと思いました。おもしろかったです。(3年男子)
・ピアノのことをおしえてくれてありがとうございます。(3年男子)
・知らないことがたくさんあってびっくりしました。オルゴールをいたにのせたら大きな音がしておもしろかったです。(3年女子)
・だじゃれや、いろいろな話でおもしろさせてくれてありがとうございました(4年女子)
・ありがとうございました。昔のピアノの事などが聞けて、楽しかったです。(4年女子)
・ピアノの事が色々しれて良かったです。(5年女子)
・ピアノの話をたくさんきかせていただきありがとうございました。(6年男子)
・ピアノの知らなかったことが、分かりました。はじめて見た場所もあってすごかったです! ありがとうございました♪(6年女子)
・今日は、ありがとうございました。ピアノの秘密がいっぱい分かったので、これを生かして、友達に教えたりしたいです♪(6年女子)
・ピアノの歴史やピアノの部品のことについて教えて下さってありがとうございます。(6年男子)
・ふだんはさわれないピアノの部品(ハンマーなど)がさわれてとてもいい体験になった。コンクールに出るので今日知った響き頭に入れて練習していきたい。(中1女子)
・ピアノの由来やしくみなど知らなかったことがたくさん知れてよかったです。普段ひいているピアノだけど、細かい楽器なんだなと思いました。(中2女子)
・今まで知っていそうで知らなかった様々なことを学ぶことができました。これから更にピアノと積極的に触れる良いキッカケになりました。本当にありがとうございました。(中3女子)



暑さがふっとぶくらい、楽しい1日になりましたね!
また5年後くらいに開催できたらいいな〜




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-29

ラルフ・ナットケンパー先生のレッスンを聴講してきました


2拍3日の予定で、東京に来ています。
午後から、巣鴨のピティナ本部、東音ホールで行われた
ラルフ・ナットケンパー先生(ハンブルク音楽演劇大学教授)の特別レッスンを聴講してきました。


全編英語で通訳なし、ということでしたが、
やっぱり音楽は世界共通語、なんとか分かるものですね

英語の公開レッスンは久しぶりで、すこ〜し心配だったので、
事前にこんな本を買って行きましたが

改訂版 音大生・音楽家のための英語でステップアップ 〜音楽留学で役立つ英会話50シーン
久保田 慶一 大類 朋美
スタイルノート (2017-02-03)
売り上げランキング: 49,850

役に立ったような、立たなかったような。
他に変わる本がないので、比較しようがないのですが、色々とあれ??と思うところも多い本ですが
巻末の『英語の音楽用語』一覧はありがたいです。



さて、ラルフ先生のレッスンですが、ためになることが非常にたくさんありました。

ドビュッシーの<ベルガマスク組曲>の『メヌエット』など、
あきらかにバロック・ダンスを意識したものは、バッハを想定して、ロマンティックに弾きすぎず、流しすぎない、やりすぎないこと。
他の楽器を想定する時には、例えばバッハの時代にはクラリネットなどはまだ登場しておらず、その時代に即した楽器を思い浮かべること。
付点のリズムはダンスのリズム、非常に重要なリズムであること。
30人のオケなら、常に30人のオケで、ffで急に100人になったりしないこと。

バッハのトッカータでは、
レチタティーヴォを、バッハは何故書いたのかを考え、クリスマスのオラトリオなどを聴いてみること。
ブゾーニ版などのアレンジ版ではなく、オリジナル版を弾く時は、サウンドを考えること。
チェンバロ風の曲は、レガートしすぎないこと。
バッハのフィーリングは常にハーモニーから、根底には文章や物語があること。
古典までは曲の後ろに感情が、ロマン派以降は曲の前に感情があること。

ヘンデルのシャコンヌでは、
変奏曲は、基本は同じテンポ。
ダブル・ハーフのテンポ変化はあってもいい。
バロック時代は、スタッカートしすぎるわけでもなく、レガートしすぎるわけでもない。
シャコンヌは、1拍目よりも2拍目が重い。(サラバンドのように)


………他にもショパンやらリストやらありましたが、割愛。
今すぐ家にすっ飛んで帰って、今日学んだ曲を弾いてみたくなりました。

外国人の先生の公開レッスン、鹿児島でももっとしてくれたらいいのにな。
公募だったら、なおよろし。(霧島は遠すぎて………)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-23

IMOさんの演奏会のお手伝いをしてきたよ


以前から、色々なイベントを通して交流させて頂いている、男声合唱団IMOさん。
イモさんじゃないです、アイ・エム・オーさんです。ここ大事ですから! テストに出るから!

IMOさん自体は、けっこう長く活動されている団体さんなのですが
専属ピアニストのRさんが去年、1年間のドイツ留学から帰国されたということもあって、
今日は、2nd演奏会の運びとなったとのことでした。


私自身は、大学時代、マスコミでアルバイトをしていたこともあって
他団体の演奏会では、司会業をお願いされることも多いのですが
今回は、初★ステマネ(ステージマネージャー)をさせて頂きましたよ〜

初といっても、教室の発表会では、いつも私がステマネ係。
なので、レベルは3くらいかな、と。
例えるなら、ようやく街の外に出て、近くのダンジョンで冒険できるくらい?(笑)

ということもあって、今回
「お手伝いしてくださる方、いらっしゃいませんか〜?」とお声がかかった時
「はいはいはーい! チロル、ステマネやりま〜す!」
と颯爽と挙手させて頂きました



他団体様のステージというのは、本当に勉強になります。
特に今回は面白い企画が多くて
ステージと、聴衆の皆様との距離がすっごく近く感じられました。
いいなあ、こういうステージって、理想だなあ

終わってみると、全ステージ男声合唱なんですが、
男声合唱にとどまらず、女声合唱だとか、混声合唱だとか、色々な構成の合唱演奏会を聴いたような気分になって、あれれ〜? 不思議〜〜?


もう1つ、びっくりしたのが
9月に伴奏のご依頼をお引き受けした団体様の中に
「白いうた青いうた」の公募合唱団、北極星男声合唱団様がいらっしゃるのですが
そちらの団体の母体となっているのが、このIMOさんでいらっしゃるとのことでした。

あら〜、ではまた近いうちに、皆さんとお会いすることになるんですね
世間って狭いなあ(笑)


ピアニストのRさんも、以前からとても共感できる方だったのですが
ドイツから帰国されて、ますます美しいピアノを奏でていらっしゃいました。
はわわああ、ステキだなあ……



IMOさん、今日は本当に素晴らしい機会を頂いて、ありがとうございました。
今後のご活躍もますます楽しみにしております



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-22

一期、一会。


最近、伴奏のご依頼を(私にしては)たくさんいただいています。
ご指名頂いて、本当にありがとうございます

既に決まっているだけで
8月に1件、サックスの伴奏で1曲
9月に2件、合唱の伴奏で計5曲
10月に1件、合唱の伴奏で5曲

これとは別に、直近では8月に1件、ソロ2曲の本番を予定しています。
ソロのほうはバッハとドビュッシーを弾く予定で
まだ取り組んだことのない平均律が弾きたいと思ってエントリーしたものの
譜読みすら終えていない状態なのですが(またか……!)


なんだかんだで、今年は「勉強の年」と思っているので
失敗であっても、成功であっても、すべてを糧にして頑張って行こうと前向きに取り組んでいます。

ご依頼を受けると言うことは、自分が普段選択しない曲もたくさんあるということで
少しずつですが、自分の音楽の世界が広がっていっているような気も、します。



人との出会いも、音楽との出会いも、一期一会。
指先から音が生まれてくることを、毎日、かけがえなく感じています。


今日も明日も明後日も。

音楽が、そこにありますように。

私とともに、いてくれますように。


すべての人のそばに、いてくれますように。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>演奏活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-20

本当は出張用に買ったんだけれど……


レビューの評価が高くて、以前から気になっていた
ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話
の増補版が今月6日に発売されるということで、
発売日の前日にAmazonで予約をしていたのですが
なっかなか発送されず、遂には入荷の見込みがない表示にまでなってしまったので
仕方なく、Amazonをキャンセルして、いつもお世話になっていてる楽譜ネッツから購入することに。


【増補版】ピアニストが語る! (現代の世界的ピアニストたちとの対話 第一巻)
焦 元溥
アルファベータブックス
売り上げランキング: 344,409

それが今日、手元に届きました
ようやく手に出来たことに、ニマニマが止まりません。


今月末に出張を控えているのですが、行き帰りの機内で読もうかと……

読もうかと………

ええい、待てるかぁぁぁい!!!


ちょっとだけ、ちょっとだけ……… と思いながら、
既に150ページほどの第1章(約3分の1)を読んでしまいました。。。



フライングスタートにほんの少〜し罪悪感も抱きつつ
さておき、読んでいてずいぶんと気が楽になった部分もあるので、読んで良かったと思いました。

一流のピアニストといえば、
新曲に取り組み始めてから仕上げまでの時間などは、おそらくとても短いのだろう……
と常々感じていたのですが

第1章に出てきたポゴレリチも、ヴィルサラーゼも
「人前で演奏するには、それなりの時間がかかる」
と述べています。

ポゴレリチ 「1週間で大きな作品を学び終えることができますが、ステージで演奏することはできません」
ヴィルサラーゼ 「演奏家というものは、ある作品を勉強したからといってすぐにステージに上げていいわけではなく、その作品に自身の生命を注ぎ込むことができたと感じられてから演奏するべきで、時間が必要なのです」


なんというかもう、言葉もありません。
1か月半前に弾いた4曲、うち2曲は3週間ほどしか取り組んでいないものだったけれど
そういうのは、ダメの極みなんですね。。。とほほほ

30年音楽を続けていますが、学ぶたび、知らないことがあふれかえります。
きっと、分かったような気がしても、全体のほんの一部だけだったりするんでしょう。


真理は遠くても、もっと勉強して、1歩でも近づいていけたら、と願います



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>本棚・待合コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-17

プー様。


クープランとプーランクの区別が
今までなんとなくしか、ついてなかったのですが(苦笑)

今回、合唱コンの課題曲がプーランクで
初めて明確に両者の区別がつきました、てへ


歌うのは、この曲です。



登録しているアップル・ミュージックでCDを探したら、15枚くらいあって
せっかくの機会なので、全部聴いてみました。
まあ、本当に各団体、表現がそれぞれで
聴いていて率直に思ったのは
「fでそんなに大声出したらダメだ〜〜〜」ということ。

表現が上手な団体は、響きを広げることでfを表現していて
これはピアノにも言えることかもしれないな、と、ふと、感じてみたり。


出そうと思って出すのではなく
表現してみたら自然とそうなった、というふうに、演奏できたらいいですね。



さて、この曲、個人的に面白いなと感じているのは
この曲は、キリストの受難を歌ったものなんですが
音型がクロスして、十字架を表しているところが多いんです。

poulenc.JPG

今まで上にいたはずのソプラノが急に下に行ったりして、「あれっ」となる瞬間が多いんですが
それにもだいぶ慣れてきて
プーランク、面白いなあ、とじわじわと彼の魅力を感じているところです。


この課題曲はラテン語で、
自由曲にはもう1曲ラテン語、そして残る1曲はフィンランド語です。久々のモイモイ!

本番は8月6日。
週3〜4日の練習はちょっときついところもありますが、
メンバーと心を一つにして、頑張ろうと思います!




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | つぶやき 2017>合唱 歌い手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017-07-15

教室の夏休みイベント予定♪


夏休みイベントの計画が進みつつあります。

まずは、8/2(水)に、【ふしぎ発見!ピアノの世界】と題して、
調律師さんにピアノの中身についてレクチャーしてもらうイベントを企画しています。

piano-discovery01.PNG

30年来お世話になっている調律師のMさん。
以前から「やりましょう!」とお声をかけて頂いて、今年になってようやく実現しました!
南日本ジュニア予選にピティナ本選、そして南日本ジュニア本選に高校生音コン(あと鹿国大も?)と毎週のように大きなイベントが続く中、超お忙しいスケジュールの合間を縫って、駆けつけてくださることに



生徒の皆さんには、事前にピアノについて調べてきてもらう【宿題】を出しました。
といっても、3択問題10問なので、
「時間のない人は、自分の考えで答えてもいいよ〜」と伝えてあります。

piano-discovery02.PNG

問題の中身は、こちらの本をヒントに

ビジュアルで楽しむ ピアノの世界

学習研究社 音楽出版事業部
売り上げランキング: 663,890


ほんっとに、ほんっとに、楽しみです♪
Mさん、当日はどうぞよろしくお願いいたします




それと、こちらは、希望者のみのイベントですが
冬のバッハコンクールの課題曲講習会を、学年ごとに日程を変えて計画しています。

● 7/25(火)14:00〜16:00 中学生A
● 8/1(火)13:30〜15:30 小1・2年A
● 8/2(水)13:30〜15:30 小3・4年A

今のところ、10人くらい。去年は発表会もあって、出場者は0だったのですが、今年は多そうです。
「出場するかどうか分からないけど、とりあえず講習会は受けてみる」という人もいて
やる気があっていいなあ と、嬉しく思います。

の〜んびり過ごすのもアリだけれど、せっかくなら、有意義な夏休みにしていきたいですね
先生も準備、がんばります




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ツイッター @onyukan はしばらくお休みしています。ご了承ください。



posted by チロル at 23:59 | Comment(0) | 教室 2017>イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...